東京都・神奈川県の建設業手続き(建設業許可、経営事項審査、電気工事業登録)

最初のページ | 建設業許可 東京都 | 水道施設工事の建設業許可

水道施設工事

上水や下水の拠点となる水道施設は社会的な重要性が高く、独立した業種となっています。

水道施設工事に該当する工事内容

  • 上水道、工業用水道等のための取水、浄水、配水等の施設を築造する工事流域下水道の処理設備を設置する工事

水道施設工事業の例示

  • 取水施設工事、浄水施設工事、配水施設工事、下水処理施設工事
    • 農業用水道、かんがい用排水施設等の建設工事は、土木一式工事となります。

 

水道施設工事業の専任技術者となれる資格

一般建設業の場合

  1. 資格者
    • 1級土木施工管理技士
    • 2級土木施工管理技士 土木
    • 技術士 上下水道 総合技術監理(上下水道)
    • 技術士 上下水道「上水道及び工業用水道」 総合技術監理(上下水道「上水道及び工業用水道」)
    • 技術士 衛生工学「水質管理」 総合技術監理(衛生工学「水質管理」)
    • 技術士 衛生工学「廃棄物管理」「汚物処理」 総合技術監理(衛生工学「廃棄物管理」)
  2. 土木工学、建築学、機械工学、都市工学、衛生工学に関する卒業している実務経験者
    • 大卒+ 実務経験3年以上
    • 高卒+ 実務経験5年以上
  3. 10年以上の実務経験者

特定建設業の場合

  1. 資格者
    • 1級土木施工管理技士
    • 技術士 上下水道 総合技術監理(上下水道)
    • 技術士 上下水道「上水道及び工業用水道」 総合技術監理(上下水道「上水道及び工業用水道」)
    • 技術士 衛生工学「水質管理」 総合技術監理(衛生工学「水質管理」)
    • 技術士 衛生工学「廃棄物管理」「汚物処理」 総合技術監理(衛生工学「廃棄物管理」)

建設業許可を安心・確実・円滑に取得

和泉行政書士事務所の特徴紹介

安心

建設業許可の申請は、申請予定の事業者様が思われている以上に注意点が多い手続きです。このため当事務所は、ご依頼の建設業許可申請業務について、ご相談から行政機関での申請受理まで、一貫して専門の行政書士が担当いたします。

確実

不十分な内容で行政機関へ建設業許可申請をすると、申請がいつまでも受理されず、建設業許可を受けることができません。当事務所は、建設業許可基準の調査・証明を確実に行い、行政機関が受理できる内容に纏めて申請をいたします。

円滑

行政機関への建設業許可申請が円滑に進むためには、行政機関が審査し易いように配慮・工夫を行うことが欠かせません。当事務所は、建設業許可の取得が円滑に進むように、申請事業者様個別の状況に沿った配慮・工夫をいたします。

和泉行政書士事務所は様々な状況に対応が可能です!

建設業許可申請での組み立ては、経営経験の内容や技術者資格の内容により、それぞれ異なります。
技術者資格が「10年以上の実務経験」などの難易度の高い申請にも数多く対応してまいりました。
和泉行政書士事務所
所在地

東京都世田谷区宮坂2丁目7番9号

電話

03-6413-5083

FAX

03-6413-5093

所長

行政書士 小林大祐

所属

東京都行政書士会世田谷支部

行政書士小林大祐
ページの先頭へ