建設業許可

建設業許可の更新申請の手続きについて

大切な建設業許可を維持していく上で、5年毎の建設業許可更新の手続きは不可欠で大変重要です。期限内での安心・確実な更新手続きは、専門の行政書士にお任せください。

更新申請を行うタイミング

建設業許可の有効期間は5年間です。(建設業法第三条3項)建設業許可の5年間の有効期間が満了となる30日前までに申請手続きを行います。
  • 建設業許可が失効しないように有効期限前に更新申請を行います。
  • 更新申請手続きの自社対応が難しい場合は、早めに行政書士へご相談ください。

 

建設業許可更新申請の受付期間 

有効期間満了の2ヶ月前から30日前までに更新申請を行います。
更新申請を行い、申請が受理されている場合は、有効期限の満了後から更新許可が出るまでの間は従来の許可が引続き有効となります。
 

更新期限が迫っている場合

(有効期限満了の30日前を過ぎてしまったら)

有効期限が到来するまでは、更新の申請は可能です。但し、決算変更届など更新申請の前に必要な届出が完了していないと、更新申請ができないことにご注意ください。
 

直前決算期までの決算変更届(決算報告)

申請手続きを行うためには、直前決算期までの決算変更届(決算報告)が全期分完了していることが必要です。
また、役員等の変更などの建設業法で定められている変更の届出を要する事項について、前回の申請から変更があった場合は、更新申請の前に変更の届出が行われていることが必要です。
 

更新申請での主なチェックポイント

建設業許可の各要件について、改めて審査されます。
  • 経営業務の管理責任者について、前回の申請時(変更時)から更新手続きまでの間、申請事業者に常勤しているか、確認がございます。
  • 法人事業者について、履歴事項事項証明書(法人登記簿)の提出が必要です。役員について、定款に定められた任期にもとづく重任登記がなされていることが必要です。
  • 役員等の方について、欠格要件に該当しないか、確認がございます。(登記されていないことの証明書・身分証明書の提出や警察への照会)
  • 財産要件について、特定建設業許可の場合は、直前決算期において特定建設業許可の財産要件(欠損比率、流動比率、資本金額、自己資本)を満たしている必要があります。

 

許可の有効期限の一本化

複数の工事業種の建設業許可を持つ事業者で、許可の有効期限が異なる場合、先に有効期限が満了となる工事業種の5年更新の際に、他の工事業種の更新も同時に行うことができます。
 
許可更新の際の都県の更新手数料は5万円です。許可の有効期間が工事業種によってバラバラのままですと、それぞれの工事業種の5年更新の際にその都度更新手数料5万円が掛かります。許可の有効期間を一本化してしまった方が先々のランニングコストを節約することができます。
 
許可更新の申請と業種追加の申請を同時に行うことも可能です。この場合、更新申請をする工事業種の許可と業種追加申請をする工事業種の許可の有効期限を同一日にすることができます。

建設業許可についてのお問い合わせ

建設業許可5年更新の代理申請標準報酬額

  建設業許可5年更新の代理申請
   建設業許可5年更新の代理申請 (知事許可) 79,000円
   建設業許可5年更新の代理申請(大臣許可)  99,000円

標準報酬額は税抜き価格です。

行政機関に納付する申請手数料

  • 一般建設業許可のみ又は特定建設業許可のみ更新申請する場合は、50,000円
  • 一般建設業許可と特定建設業許可を同時に更新申請をする場合は、100,000円
和泉行政書士事務所
所在地

世田谷区宮坂2丁目7番9号

TEL

03-6413-5083

FAX

03-6413-5093

所長

行政書士 小林大祐

所属

行政書士会世田谷支部

行政書士小林大祐
ページの先頭へ